2012年03月22日

生まれながらの

私の最初の記憶は幼稚園のときです。

砂場で遊んでいた記憶です。


帰りのバスは黄色バスでした。

バスの色によってルートが違って、子供によって遅かったり早かったりしたのです。

乗るバスの色は名札の色と同じでした。

私は黄色です。


黄色バスは比較的早い時間に出発するのです。

しかし、時々遅れてしまうとお迎え待ちになるのです。

お迎え待ちの時にはずっとオレンジバス待ちだと間違われるのです。

その幼稚園がオレンジと黄色のバッチの色を似た色にしていたのか、

子供たちにはその違いが大人ほどわかっていたのか、

いやになるほどオレンジバスはもう行くよ

乗らなくていいの

早く早く

と言われました。

しかし私は黄色バスなのです


黄色バスなのです。
posted by logger at 21:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。